2017年08月 / 07月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫09月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.02.19 (Tue)

The MANZAI

The MANZAI 1 (ピュアフル文庫)
The MANZAI 1 (ピュアフル文庫)
  • 発売元: ジャイブ
  • レーベル: ジャイブ
  • スタジオ: ジャイブ
  • メーカー: ジャイブ
  • 価格: ¥ 567
  • 発売日: 2005/12/01
  • 売上ランキング: 26131
  • おすすめ度 5.0



2月19日読了

【More・・・】

はー(( ´Д`)
よかった。すごくよかったです。
今まで読んでいなかったことを後悔。

あさのさんの作品は家庭問題を抱えている(というか、お母さんが問題になっているような)主人公が登場しますが、これもそうで、そんな主人公・瀬田歩が転校先の同級生と漫才をすることになる、というお話。
話のテンポがよく、一気に読めました。


「なんで、ふつうじゃないとあかんのや」



っていうのは、よかったですね。なんかこー、あのー、私、高校生の頃、やっぱり、すごく普通でいたいと思っていて。自分だけかなと思ってたんですけれど、みんな多かれ少なかれそう思ってたのかなーと今少し思います。
嫌われたくないと思って、なるたけ喋らないようにしていて、で、朝の出席確認がすごく嫌いでした。先生が名簿を見ながら名前を呼びますよね。名前というのは、個を意識するというか、そういうものを私は強く感じていて、呼ばれるたびに嫌だなと思っていました。クラスに溶けてしまっていたいのにと思っていました。…今思うとちょっとヤバイ考えかもですがー(´▽`*)
なんで、こういうことを、誰かが言ってくれるというのは、すごくいいよなあと思います。そういう人間関係っていいなあと。
だからといって、無理に特別になろうとしなくていいし、普通になろうとしなくてもいいよと。
くぅぅ、うらやましいのう!
二人でしあわせになれよ!(?


明日さっそく二巻買ってこよ~と思いつつ、バッテリーの悪夢が思い出されます…。
バッテリーも2巻までは普通の青春小説のようだった。しかしそれ以降のドロドロ具合と遅々として進まない展開に、私は「しかし読まずにもいられない!」と涙したものだった。
今回はあんまりどろどろじゃありませんように!なむなむ!
スポンサーサイト
EDIT  |  21:09  |  あ行 あさのあつこ  |  TB(0)  |  Top↑

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。