2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.01.02 (Wed)

鴨川ホルモー

鴨川ホルモー鴨川ホルモー
(2006/04)
万城目 学

商品詳細を見る



内容(「BOOK」データベースより)
このごろ都にはやるもの、勧誘、貧乏、一目ぼれ。葵祭の帰り道、ふと渡されたビラ一枚。腹を空かせた新入生、文句に誘われノコノコと、出向いた先で見たものは、世にも華麗な女(鼻)でした。このごろ都にはやるもの、協定、合戦、片思い。祇園祭の宵山に、待ち構えるは、いざ「ホルモー」。「ホルモン」ではない、是れ「ホルモー」。戦いのときは訪れて、大路小路にときの声。恋に、戦に、チョンマゲに、若者たちは闊歩して、魑魅魍魎は跋扈する。京都の街に巻き起こる、疾風怒涛の狂乱絵巻。都大路に鳴り響く、伝説誕生のファンファーレ。前代未聞の娯楽大作、碁盤の目をした夢芝居。「鴨川ホルモー」ここにあり!!第4回ボイルドエッグズ新人賞受賞作。



1月2日読了


【More・・・】


内容はおいといて、
文章の感じが森見さん(夜は短し~しか読んだことないのですが)と似てるなあという印象。
でも内容は夜~より不思議感はなく。
夜~がチョット苦手だった私は、読み始めたとき「あーこれダメかも」と思ったんですが、なんとか読了できました。
過去を振り返って話が進む、という形がいくつかのブロックでぽこぽこ続くので、「またこういう形なのか~」と若干思ってしまった。
うーん、だからその、どんな小説でも分類しようと思えばいくつかの手法というか、イメージというか、形に分かれると思うんですけれど、
その中でも私はこういった感じの小説はチョットとっつきにくく、苦手だなーと思うので、微妙かも、という印象。でし。た。

スポンサーサイト
EDIT  |  22:56  |  ま行 万城目学  |  TB(0)  |  Top↑

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。