2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.10.11 (Sat)

美しいこと 上/下

美しいこと(上) (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
美しいこと(上) (Holly NOVELS) (Holly NOVELS)
  • 発売元: 蒼竜社
  • 価格: ¥ 900
  • 発売日: 2007/11/21
  • おすすめ度 5.0



10月10日読了

【More・・・】

むさぼるように読んだ。
めっちゃ面白かったです(最近おんなじことばっか書いてますが)
木原さんすごくいいなあ。制覇するぞ!

そんで、この「美しいこと」。
もうねえ、松岡のあまりのけなげさとズタボロぶりに、何度寛末を殴り殺そうかt(ry

あんなに好きだ好きだって言われて、態度で示されて、
それでも「葉子」を忘れられなくて松岡が男だってことに戸惑って、
でものらりくらりで散々期待させといて、


「君が男でも大丈夫だと思ったんだ。けどいざとなったら…やっぱり生理的に…」

「恋人になれるかもしれないと思ったのは嘘じゃない。…恋人にはなれないけど、松岡さんのことは好きなんだ。できることなら、友達としてずっと付き合っていきたい」



ってなんだゴルァ━━━━━━(゚Д゚)━━━━━━ !!!!
無神経にもほどがあるだろ!!
二年間もぐだぐだしといて、生理的ってお前ッ……そんな男捨てちまえ!!
と何度叫んだことか。
特に結婚式で再会したあとの寛末の無神経ぶりはっ…(ギリッ
会ってくれるんじゃないか、まだ好きでいてくれてるんじゃないかとか、その思考にイライラ。

それでも、寛末を見捨てきれない、嫌いになれない、優しさと健気さに涙しました。
もう女の子と幸せになっちゃえればいいのにね…。
一応ハッピーエンドなんだけど、
これはもうこれから寛末が大事に大事に愛してあげないと松岡がかわいそうだよ。
誕生日ケーキ貰ってすっごく嬉しそうなところとか、悶えました。

ところで寛末と松岡のラブラブぶりは応募者全員サービスの小冊子…って戦略が…。
もう応募期間終わってるがな…。
あああ読みたいようう。
いつか本で出してくれないかなあ…。


スポンサーサイト
EDIT  |  16:00  |  か行 木原音瀬  |  TB(0)  |  Top↑

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。