2017年06月 / 05月≪ 123456789101112131415161718192021222324252627282930≫07月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2007.10.16 (Tue)

ロマンス小説の七日間

ロマンス小説の七日間 (角川文庫)
ロマンス小説の七日間 (角川文庫)
  • 発売元: 角川書店
  • 価格: ¥ 620
  • 発売日: 2003/11
  • おすすめ度 4.0





10月16日読了。







【More・・・】

先が気になってむずむずして一気に読んでしまいました。ふー。

三浦さんがあとがきで「読者の方に「こういう人とつきあいたい!」と思っていただけるよう、自分なりの最善を尽くす」と仰っているように、
神名はとてもよかった!かっこいいというか、なんかいい!(?
本を読みながら私はすっかり神名にめろめろしてたので、
ラストには「あかりいいいいい!!神名と愛を誓おうよおおおおお」とよくわからないもどかしさに襲われた。
私とあかり達は、たぶん、まったく回路が違うと思うので、
(彼氏を奪うか否かとか、アリエノールがシャンドスの子供を宿すところや、結婚観やなんやかんや)
こういう人たちも、こういう恋愛も、こういう人生もあるんだなあと、
読後はふむぅ、と唸りました。
いつかまた会える、そう思っておくのがいいだろう
なんて思えん!!!!あたしは絶対思えん!!!
と思ってしまうし、
待つことは穏やかでも優しくもないと、あまり思っていないです…わたしは。

三浦さんの文章は、本当にすっきりしていて、清清しいです。
ところどころ吹きだしてしまうところがあったりして、
「でへへじゃないでしょ、辞めてどうすんの。え、どうすんの!」
には電車の中でニヤニヤしてました。にやにや。
スポンサーサイト
EDIT  |  22:58  |  ま行 三浦しをん  |  TB(0)  |  Top↑

*Trackback

この記事のトラックバックURL

この記事へのトラックバック

 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。