2017年10月 / 09月≪ 12345678910111213141516171819202122232425262728293031≫11月

--.--.-- (--)

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
EDIT  |  --:--  |  スポンサー広告  |  Top↑

2008.02.20 (Wed)

新釈走れメロス他四篇

新釈 走れメロス 他四篇
新釈 走れメロス 他四篇
  • 発売元: 祥伝社
  • 価格: ¥ 1,470
  • 発売日: 2007/03/13
  • おすすめ度 4.5



2月20日読了
スポンサーサイト
EDIT  |  23:54  |  ま行 森見登美彦  |  TB(0)  |  Top↑

2008.01.10 (Thu)

有頂天家族

有頂天家族
有頂天家族
  • 発売元: 幻冬舎
  • 価格: ¥ 1,575
  • 発売日: 2007/09/25
  • おすすめ度 5.0



内容紹介
第20回山本周五郎賞受賞第一作!著者が「今まで一番書きたかった作品」と語る渾身の作。偉大なる父の死、海よりも深い母の愛情、おちぶれた四兄弟……でも主人公は狸?!

時は現代。下鴨神社糺ノ森には平安時代から続く狸の一族が暮らしていた。今は亡き父の威光消えゆくなか、下鴨四兄弟はある時は「腐れ大学生」、ある時は「虎」にと様々に化け、京都の街を縦横無尽に駆けめぐり、一族の誇りを保とうとしている。敵対する夷川家、半人間・半天狗の「弁天」、すっかり落ちぶれて出町柳に逼塞している天狗「赤玉先生」――。多様なキャラクターたちも魅力の、奇想天外そして時に切ない壮大な青春ファンタジー。



1月10日読了


EDIT  |  17:13  |  ま行 森見登美彦  |  TB(0)  |  Top↑

2008.01.04 (Fri)

夜は短し歩けよ乙女

夜は短し歩けよ乙女
夜は短し歩けよ乙女
  • 発売元: 角川書店
  • 発売日: 2006/11/29
  • おすすめ度 4.5


内容(「BOOK」データベースより)
私はなるべく彼女の目にとまるよう心がけてきた。吉田神社で、出町柳駅で、百万遍交差点で、銀閣寺で、哲学の道で、「偶然の」出逢いは頻発した。我ながらあからさまに怪しいのである。そんなにあらゆる街角に、俺が立っているはずがない。「ま、たまたま通りかかったもんだから」という台詞を喉から血が出るほど繰り返す私に、彼女は天真爛漫な笑みをもって応え続けた。「あ!先輩、奇遇ですねえ!」…「黒髪の乙女」に片想いしてしまった「先輩」。二人を待ち受けるのは、奇々怪々なる面々が起こす珍事件の数々、そして運命の大転回だった。天然キャラ女子に萌える男子の純情!キュートで奇抜な恋愛小説in京都。


1月4日読了
EDIT  |  14:41  |  ま行 森見登美彦  |  TB(0)  |  Top↑
 | BLOGTOP | 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。